ときどきあいちゃんブログ

マイペースなクリエイティブブログ

アートなデザインをつくってみた

f:id:shinkaidesign:20190905143902p:plain

 

こんにちわ

 

ときどきあいちゃんです。 @design_iChan

 

今回は、所属コミュニティ内(はじめのいっぽ)で

行われたヘッダーコンペのデザインを振り返ってみようと

 

思います。採用はされなかったけど、自分の新境地

が見えたのでそのことを整理しておこうと思います。

 

▼この記事を読むとこのデザインの制作過程がわかります。

f:id:shinkaidesign:20190905145110p:plain

 

ヒアリング内容

コンペの依頼者はのしゃさん@Nosshamaruko

 

要望

  • のしゃさんの描いたイラストをいれる。
  • 好きな色ピンク(229/0/127)黄色(235/252/0)青(0/126/255)
  • ビッシュの世界観が好き
  • のしゃさんの描いたイラスト3種類

 

のしゃさんのクリエイターに対する愛

のしゃさんのイラストを使って、デザインをいっぱい楽しんで

欲しい!という神っているお言葉を頂いて、

 

クリエイターのたまご達の私たちはものすごく盛り上がり

ました。全応募数30作!!!

 

はっきりいって、愛なくしてこんなに個人への作品は

集まりません。しかも力作揃い。

 

日頃からのクリエイターたちに対するリスペクトの

気持ちが全てを動かすんだなと感動しました。

 

この、のしゃさんの計らいで、

私は燃え上がるようにつくることが出来ました。

 

より感情に響くものを目指して

こういう感情的なモノをつくるのが苦手な方もいると思います。

ただし、私の作ったものはあくまでもデザインで再現性があります。

 

アートだと、2コは作れないかも知れませんが、私の場合は

アートなデザインなので、ポコポコ量産できます。

 

鍵となってくるのが「たたき台」をつくることです。

今回のたたき台がこちら

 

f:id:shinkaidesign:20190905153710p:plain

 

誰かの作品をたたき台にしても良いですが、

自分でそれをつくっても良いと私は考えてます。

 

草案を練り直す

 この工程は、より多角的な目線でみたほうが良いかなと

考えてます。今回、特に思ったのは、のしゃさんを

 

知ることで変更したデザインがあったということ。

ヒアリング以外でも積極的なコミュケーションって

 

大切な要素なんだと思いました。ここは今回出来てなくて。

たたき台を練り直す。練り直すときは、より周りを

 

みたり、情報を集めたり、直接聞く。

これを怠ると、技術に走ったり、

 

独りよがりになるということです。

 

デザインの構造

シンプルでも複雑になる

せっかくなので、デザインの構造を少しだけご紹介します。

このデザインは再現してみると、15分くらいで出来きます。

 

このデザインを発案するのに数日かかってますが(;^ω^)

 

大盤振る舞いで作業レイヤーを公開しようとおもいます。

ではどうぞ~

 

f:id:shinkaidesign:20190905161139p:plain

 

4種類のレイヤーに分かれてます。

てか、作業スペース凄いことになってます(笑)はみ出しまくりです。

 

今回はさらに特別に、この謎のジャミレイヤーを公開しようかなと思います。

どうぞ。

f:id:shinkaidesign:20190905162507p:plain

正体は、★型の角を増やしたものに

パスのパンク・ラフ・ジグザグを足したものです。

 

同じレイヤーを2枚つくって、

描写モードは上が通常。下は陰としての作用を持たせるために彩度

にして少し斜め下にずらしました。

 

分かってしまうと、案外簡単で拍子抜けなデザインです。

簡単なので是非、試して使ってみてください!

 

こんな感じに出来ちゃいます。↓

f:id:shinkaidesign:20190905145110p:plain

 

最後に

デザインの役目

どんなに手数を増やしても、時間をかけても

意図にそぐわなければ、無用の産物のデザイン。

 

それに、ソフトの能力が高いので

全く描くという作業をしなくてもそれっぽくなります。

 

何度でも再現できてしまうし、マネも簡単です。

だけど、そのデザインを使うのは人なので、

 

そこを大切にしていきたいですね。

 

@design_iChan